コーヒー豆の賞味期限切れ2年は大丈夫?保存方法や開封後は冷凍はできるの?

スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは。

日本国内で売られているコーヒー豆に日本産がほとんど無いように、日本はコーヒー豆にとって保存に適した場所ではありません。

そのため、保存方法を間違えるとすぐに品質が劣化してしまうこともあります。

今回紹介するデータを参考にして、コーヒー豆にとって最適な保存方法と賞味期限を理解していきましょう。

それでは、最後までゆっくりとご覧ください。

記事の内容

コーヒー豆の賞味期限切れ2年は大丈夫?

コーヒー豆の消費期限切れはどれくらい?

コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆は冷凍保存できるの?

コーヒー豆の賞味期限切れ2年は大丈夫のまとめ

 

記事の信頼性

コーヒー豆に関しまして、かなり時間をかけて調査してみましたので、かなり信頼していただける記事になっていると思います。

コーヒー豆の中には、消費期限が短いものもありますので、どれくらいの間に飲み切ればいいのか、この記事を読んで参考にしてもらえればうれしいです。

おすすめの保存方法やお勧め商品についてもご紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

コーヒー豆の賞味期限切れ2年は大丈夫?

コーヒー豆は湿気を吸うと品質が劣化する上に、温度差がないと栽培することさえできません。

そこで今回は日本国内と生産地域の気候を比較して、その差が激しい場所で生産されたコーヒー豆を紹介していきます。

紹介されているコーヒー豆は、いずれも日本の気候に適した物ではないので、賞味期限が2年も切れた物は廃棄した方がいいことを覚えておきましょう。

 

インディアンコーヒー

日本と最も気温差があるのはインドです。

インディアンコーヒーで有名な地域ですが、毎年気温が50度を超えることも頻繁にあります。

さらに10月のインディアンコーヒーの収穫時期は、湿度が50パーセント程度に落ち着きますが、日本では湿度が80パーセントを超えることもあります。

そのためインディアンコーヒー豆は日本の気候には適しておらず、2年も経過していると多量の湿気を吸って使えなくなってしまう可能性が極めて高いです。

 

コロンビアコーヒー

コロンビアコーヒーは、収穫時期の気温と湿度が日本と同じくらいです。

しかしコロンビアコーヒーは、現地の太陽光や機械を使って乾燥率の高いパーチメントコーヒーを作っています。

その上コロンビアコーヒーは北部と中部と南部で作られる物によって香りやコクが大きく違います。

湿気を吸ってしまうと緻密なバランスが崩れてしまうので、賞味期限が2年も過ぎたコーヒーは飲めないと考えたほうがいいでしょう。

 

ハワイアンコーヒー

乾燥率の高さではハワイアンコーヒーも要注意です。

ハワイアンコーヒーの一部は、ハワイの雨季に収穫されていますが、日本と比較すると湿度が低い場所で生産されています。

気候の影響を最小限にしても賞味期限から2年が経過したコーヒー豆は使わないほうがいいでしょう。

特に夏季に収穫されたコーヒー豆を買うときは、日本の雨季に納品されるため、より湿気を吸ってしまう危険性が高まります。

賞味期限が過ぎたコーヒー豆は、廃棄するかカビが生えてないときは再乾燥してから使ったほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

コーヒー豆の消費期限切れはどれくらい?開封後は?

 

コーヒー豆は交配種などを含めれば沢山ありますが、大きく分けるとコフィアアラビカとコフィアカネフェラという品種で分かれています。

コフィアアラビカは極端な乾燥と湿気に弱く、栽培や長期保存も難しいので、消費期限が9カ月未満になっています。

ただしコフィアアラビカのコーヒー豆の消費期限は、ブレンド比率によってさらに短くなる場合もあります。

100パーセントのものだと消費期限が1か月未満の物も存在する上に、生豆タイプは消費期限が過ぎると普通のコーヒー豆よりも短期間でカビが生えてきます。

高級品としても有名なので、消費期限の近い訳アリ物が多く出回っている特徴もあります。

コフィアカネフェラはロブスタ種とも呼ばれている品種で、他の品種と比較して苦味が強いコーヒー豆ですが、人によってはエスプレッソに使ったときの味のインパクトを評価する人もいます。

栽培しやすく消費期限も1年以上もつ物が多いコーヒー豆で、比較的安価に手に入るコーヒー豆として知られています。

反対にカフェイン量が多いコフィアカネフェラの一部には、生豆の状態で売られている高額商品もあり、こちらは消費期限3か月未の物が多いです。

 

豆の状態の消費期限

次にアラビカ種とロブスタ種の細かい交配種の消費期限を見ていきましょう。

アラビカ種のカシオペアは、アラビカ種の中でも栽培量が多く、値段も安いコーヒー豆として有名。

賞味期限は1年とアラビカ種の中では長いですが、日本国内ではほとんど飲むことができない希少種としても有名です。

他のコーヒーとブレンドすることで、フルーティーな香りを際立たせる使い方を好む人が多いようです。

パカマラ

アラビカ種のパカマラは、マラゴジッペとパカスの交配種で、消費期限はどんなに長くても1か月以下。

さらに粉にすると1週間未満まで短くなります。

カシオペアよりもさらにフルーティな味わいが強く、コーヒーに砂糖を沢山入れる人に飲んでほしい一品です。

 

ムンドノーボ

ムンドノーボは、アラビカ種の中でもブルボン種とスマトラ種を自然交配させているため、1年の消費期限の長さが特徴的。

ブラジルコーヒーの多くがムンドノーボなので、現地では日常的に飲まれていますが、日本国内で買えるコーヒー豆は100g600円くらいと若干高めです。

甘味と苦味と酸味のバランスがよい反面、酸化に注意しないと消費期限が短くなってしまう危険性があります。

 

カティモール

ロブスタ交配種のカティモールは、5つ星ホテルでも使われている高級ブランド。

風味が若干弱く、消費期限も1か月とロブスタ種の中では非常に短いです。

しかし煎れ方でコーヒーの風味が変わる一品とも言われており、変わった特徴のあるコーヒーが飲みたい人からの人気を獲得しています。

 

セントロアメリカーノ

セントロアメリカーノはロブスタ種の中でも2010年に生まれた新しいコーヒー豆です。

収穫量も多く他のロブスタ種と比較して病気の耐性も高いので、大量生産されているところもポイント。

一方でまだ改良の余地があるらしく、賞味期限は4か月くらいに留まっています。

保存するときは、高温多湿を避けるだけでなく風通しも良い場所に保存してください。

 

粉の状態の消費期限

全日本コーヒー協会や各メーカーが推奨している粉コーヒーの消費期限は、未開封の状態で1年から2年です。

これはレギュラーコーヒーと呼ばれる粉コーヒーに風味を求める人が多いためで、消費期限が切れると風味がしないばかりか、酸っぱいコーヒーになってしまいます。

また開封すると酸素や日光を浴びるだけで風味が変わってしまうことも多く、賞味期限は長くても2週間が限度と覚えておきましょう。

保存環境が心配な人は、スターバックスから発売されているレギュラーコーヒーセットを買いましょう。

密閉容器に梱包されているので別途保存容器を買わなくて済むうえに、150gくらいの容量で小分けされているため使う分だけ開封できます。

 

インスタントコーヒーの消費期限

インスタントコーヒーは、コーヒー豆の抽出液を粉にして水に溶けやすくしているので、コーヒー豆よりも水分の吸収力が強いです。

そのためわずかでも湿気を吸ってしまうと、パッケージに記載されている消費期限よりも早く使えなくなってしまいます。

そこでインスタントコーヒーを買うときは、光を遮断できるパッケージかどうかを確認してください。

瓶のように光を屈折するだけのパッケージでも、外側に紙を貼り付けているだけで光の影響で酸化するのを遅らせられます。

なので、ここでは消費期限が長く、尚且つできるだけ多くのバリエーションの容量を販売しているコーヒーをご紹介します。

頻繁に飲む人は容量の大きい物を、そんなに飲まない人は容量の小さい物を選び、消費期限内に飲み切れるものを買いましょう。

 

ネスカフェエクセラ

ネスカフェエクセラは、180gと40gが売られており、それぞれ消費期限が24カ月設けられています。

一方詰め替え用は12カ月と若干短いので、頻繁に飲む人におすすめ。

特に180gは1日1杯ペースだと全部消費するまでに3カ月ほど掛かり、一見すると消費期限内に飲み切れる量ですが、一度開封すると湿気を吸いやすくなってしまいます。

残り少なくなると飴玉のように粉同士が固まっていることもあるので、早めに消費しましょう。

 

AGFのちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド

AGFのちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンドは水に溶けやすいをウリにしています。

賞味期限は37カ月と長めですが、公式サイトでは開封したら1カ月以内に使い切ることを推奨しています。

内容量は瓶詰めの物が80gですが、1杯に2g使いそれを1か月続けたとして、毎日2杯以上飲まないと消費期限内に飲み切ることができません。

確実にコーヒーを一日数杯飲む職場やご家庭向けにおすすめの商品です。

 

セブンプレミアム いつものコーヒー

セブンイレブンのセブンプレミアム いつものコーヒーは、公式サイトで何杯使えるか書いてあるところが魅力。

70gは35杯、40gは20杯分のコーヒーになるので、90日の賞味期限内に自分が飲める容量のパッケージを買いましょう。

 

スポンサーリンク

 

コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆を保存するときは、湿気だけでなく日焼けも防止できるような素材で作られた容器を使ってください。

コーヒー豆は不必要な温度変化に巻き込まれると風味が悪くなってしまうので、キャニスターを使いましょう。

 

おすすめの保存容器は?

コーヒー専用に開発された保存容器で、機能性に優れたものは保存した日付を表示する機能までありますので、おすすめの商品をご紹介します。

HAOCOOのコーヒーキャニスター

おすすめ商品はHAOCOOのコーヒーキャニスター。

ダイヤル式の日付表示システムに加えて、保存した素材から出る二酸化炭素を容器内から排出する機能まであるため、長期間風味を損なわずにコーヒー豆や粉を保存できます。

素材はステンレスでできており、錆がコーヒー豆に付着する心配もなく、コーヒー豆や粉を1.2リットルも保存しておけます。

 

 

HARIO (ハリオ) 手挽き コーヒーミルキャニスター付き

コーヒー豆をよく使う人には、HARIO (ハリオ) 手挽き コーヒーミル キャニスター付き CMHN-4がおすすめ。

コーヒー豆を砕くコーヒーミルとキャニスターを連結させた商品で、砕いたコーヒー豆をそのまま密閉空間に保存しておけます。

蓋の裏には天然木を使っているので、開封した後も中に入りこんだ湿気を吸い取ってくれる便利な機能付き!

 

 

籐芸 TOUGEI 木のキャニスター

適度にコーヒーを飲む人には、籐芸 TOUGEI 木のキャニスターがいいでしょう。

250mlと小ぶりで木製なため、インテリアにもおすすめのコーヒーキャニスターです。

コーヒー豆約5g分の軽量スプーンもついているので、自分のオリジナルブレンドコーヒーを作る人にもおすすめ。

調味料入れとセットで3190円で販売しているところもポイントが高いです。

 

 

コーヒー豆は冷凍保存できるの?

コーヒー豆は冷凍保存することもできますが、いろいろ注意することがありそうです。

コーヒー豆を冷凍保存するときは、必ず密閉できる容器を使ってください。

冷蔵庫は周囲の水分の温度を下げて冷凍しているため、わずかでも水分が入った状態で冷凍するとコーヒー豆が小豆バーのように固まってしまいます。

美味しそうな見た目だったので、私も興味本位で食べてみましたが不味いです。

飲むときは保存容器を常温で放置し、その後周囲に付着した水分を拭き取り、内部に水分が入り込まないようにしてから使いましょう。

 

スポンサーリンク

 

コーヒー豆の賞味期限切れ2年は大丈夫のまとめ

さて、ここまで記事をご覧いただきありがとうございました。

コーヒー豆は国内でも普及率の高い飲み物ですが、コーヒーベルト以外では育成だけでなく保存にも適していないデリケートな飲み物です。

特に湿気と酸素は、コーヒーの味を吹き飛ばし風味がなくなることもしばしば。

なので各メーカーやコーヒー協会が公表している消費期限や、コーヒーキャニスターを上手に使いこなしましょう。

しかしこれらを使いこなしても、長期保存できるコーヒー豆は少ないので、インスタントコーヒーでも飲み切れる分だけ購入することが重要ですね。

この記事を読んでいただいて、コーヒーの消費期限についていろいろと知ってもらいながら、美味しいコーヒーを楽しんでもらえたらうれしいです。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です